JR「川崎駅」西口より徒歩約3分。川崎市幸区の皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、皮膚外科・形成外科、美容皮膚科なら【川崎たにぐち皮膚科】へ。保険診療主体で一般皮膚科から手術(ほくろやいぼ、粉瘤)、レーザー(あざやシミ)、紫外線治療(アトピー性皮膚炎、白斑、乾癬)、アレルギー検査(じんましん、花粉症)まで幅広い皮膚のお悩みに対応します。

ほくろ

日帰り手術を行なっています

ほくろとは

ほくろは母斑細胞というメラニンを作る細胞が増えてできる皮膚の良性の腫瘍(できもの)です。母斑細胞の数や母斑細胞が作っているメラニンに量によって、平坦なものや盛り上がっているもの、色も黒色から濃い茶色、薄い茶色、肌色まで見え方は様々です。中型や大型のほくろは生まれつきのものが多いですが、小型のものは生まれてから日光・紫外線の影響でできる場合があります。良性といっても腫瘍細胞は時間とともに増殖していきますので、黒く平坦だったほくろが時間とともに盛り上がってくるということもあります。以前はなかったのにほくろができている、最近ほくろが盛り上がってきた、と受診される方が多いです。
ほくろはできものですので、塗り薬ではとれません。当院ではラジオ波メスもしくはくり抜き法やメスによる切除縫縮によるほくろの除去を行っています。場所や大きさを考えて、キズが少なくきれいな仕上がりになるように、適切な方法を使い分けて行います。どのようなほくろでも気軽にご相談下さい。
ほとんどの”ほくろ”は良性なのですが、まれに皮膚がんである悪性黒色腫や基底細胞癌がほくろに見えるときがあります。しっかりとした術前診断を元に取り除いたほうが安全です。ほくろの一部もしくは全体をとって顕微鏡の検査を行えば診断もしっかりつくので安心です。

ほくろの治療

ほくろは皮膚の深いところ(真皮)まで母斑細胞が入り込んでいるできものですので、治療は切除になります。
切除方法としては以下の3つの方法があります。
診察時に症状に合った方法をご提案しますので、相談して治療方法を決定します。

ラジオ波メス

ラジオ波のエネルギーでほくろを削りとって治療します。注射で局所麻酔を行い、そのあとにラジオ波メスでほくろを切り取ります。ほくろの大きさや深さによって削る範囲を調節します。ほくろのあった場所は通常のキズの手当てをして、1~2週間後にはキズがふさがります。その後、しばらく赤みのある状態が続きますが、通常3~6ヶ月でまわりの皮膚と同じ色に戻っていきます。その際、紫外線にあたるとその場所だけ日焼けが目立ちやすくなりますので紫外線は避ける必要があります。顔のほくろではキズの再生が早く、きずあとが目立たず治ることが多いので、ラジオ波メスをよく使います。

くり抜き法

直径1mm~6mmの円形の型抜きで皮膚をくり抜くトレパンを使って皮膚のできものを取ります。小さな穴をあけるだけですので、キズを最小限におさえることができる方法です。術後の整容面を考えて傷の皮膚縫合を行わない場合もあります。

メスによる切除縫縮

注射で麻酔を行い、メスを使ってまわりの皮膚を紡錘形(葉っぱの形)に切り、皮膚を縫って傷を閉じます。縫った糸は1週間後に抜糸をします。キズがなるべく小さくなるように工夫して手術を行っています。顔でもほくろが大きかったり、体のほくろはラジオ波メスでは痕が残りやすいので、そのような場合は切除縫縮を行います。

川崎たにぐち皮膚科ロゴ

診療時間
11:00~14:30
16:00~19:30

…土曜日は9:30~12:30、14:00~17:00

休診日

  • 木曜
  • 日曜
  • 祝日

※初診の方の受付は診察終了10分前まで
※土曜日午前の受付時間は初診再診ともに診察終了30分前まで

お気軽にお問い合わせください

川崎たにぐち皮膚科電話番号 044-223-7336

〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル3階 →GoogleMap

電車

JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」西口より徒歩約3分

PAGETOP
Copyright © 2019 川崎たにぐち皮膚科 All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る