JR「川崎駅」西口より徒歩約3分。川崎市幸区の皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、皮膚外科・形成外科、美容皮膚科なら【川崎たにぐち皮膚科】へ。保険診療主体で一般皮膚科から手術(ほくろやいぼ、粉瘤)、レーザー(あざやシミ)、紫外線治療(アトピー性皮膚炎、白斑、乾癬)、アレルギー検査(じんましん、花粉症)まで幅広い皮膚のお悩みに対応します。

男性型脱毛症(AGA)

飲み薬、塗り薬の治療に対応しています

男性型脱毛症(AGA)とは

AGA(男性型脱毛症)は日本人男性では20歳代で約10%,30歳代で20%,40歳代で30%,50歳代以降で 40%と年齢とともに高くなると言われています。発症には遺伝と男性ホルモンが関与しています。20歳代後半から30歳代にかけてはっきりしてきますが、前頭部と頭頂部や髪の毛が細く短くなり、最終的には額の生え際が後退して頭頂部の頭髪がなくなってしまいます。髪の毛の毛周期の成長期が短くなるために、太く長かった髪の毛が細く短くなる軟毛化という現象によって起こります。

この原因としては男性ホルモンが毛乳頭に働いて毛周期が変化することが考えられています。前額部や頭頂部の毛包は男性ホルモンに反応しやすいため、軟毛化が起こりやすくなります。一方で髭や胸毛の毛包に男性ホルモンが作用すると軟毛から硬毛に変化することが知られています。また、後頭部の毛髪や眉毛には男性ホルモンは影響していません。

男性型脱毛症の治療

男性型脱毛症の治療は成長期が短くなってしまったために細く短く軟毛化した髪の毛を再度太く長いしっかりした毛に戻してあげることです。
はっきりとした効果があるとされているのは、ミノキシジルという成分の塗り薬と男性ホルモンの働きを抑える飲み薬です。軟毛化した毛が多い状態から、太く長い毛の本数を増やす効果が期待できます。
アメリカの薬を認可する機関であるFDAで認められているのもこの2つだけです。CMなどでいろいろな育毛剤などの宣伝をやっていますが医学的根拠が十分でないものが多いです。

具体的には
フィナステリド(商品名プロペシア、後発品はフィナステリド)の内服
デュタステリド(商品名ザガーロ)の内服
5%ミノキシジル外用
ですが、男性型脱毛症の治療は全て保険外となります。

フィナステリド(プロペシア)は脱毛の原因となる男性ホルモンの毛乳頭への作用を抑えることで効果を発揮します。具体的には、5α-還元酵素というテストステロンを強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変える酵素の働きを抑えることで効果を発揮します。フィナステリドは頭皮の組織中、血中のジヒドロテストステロンの量を約60-70%減少させることがわかっています。ただ、女性には効果が確認できていませんし、副作用の問題から、女性はこの飲み薬を使うことができません。早ければ3ケ月程度で効果が現れる人もいますが、すぐには効果が出ませんので、6ヶ月間は続ける必要があります。飲み薬をやめると3ヶ月から6ヶ月で効果が切れ、1年後には元の状態に戻ってしまうので、効果が出た場合には飲み続けることが大切です。フィナステリドはミノキシジルとは異なり、クリニックでの処方が基本となります。 保険適応ではなく、自費での購入となります。デュタステリドはフィナステリドと同系統の内服薬ですが、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのをより強力に抑えます。そのため、フィナステリドよりも高い発毛効果を期待できます。
フィナステリド、デュタステリドの副作用としては肝臓への負担、性欲減退などが報告されていますが頻度は低く、安全に使用できます。フィナステリドのほうが男性ホルモンを抑える作用が弱い分、副作用も出にくいです。
ミノキシジルの塗り薬のロゲインやリアップは髪の成長をうながすことと髪への血流を増やすことで効果を発揮します。休止期毛から初期成長期毛包への移行を促進させること、初期成長期毛から後期成長期毛への移行を促進し、維持させることで細い生毛が太い終毛へと成長します。これはフィナステリドやデュタステリドとは別の方法で作用しています。男性には国内ではドラッグストアで販売されているリアップX5という5%のミノキシジルを含んだ製品があります。効果がでるのに4ヶ月はかかりますので、最低でもこの期間は塗り続けることが大切です。この薬に限らず男性型脱毛の薬はやめると元に戻ってしまうので、効果が出た場合はその後も使い続けてください。
ロゲインやリアップには女性用の製品も発売されていて、特に更年期以降に髪の毛が全体的に薄くなる女性型脱毛に効果があります。
ミノキシジルの塗り薬とフィナステリドやプロペシアはそれぞれ違う作用で効くので、男性の場合は塗り薬と飲み薬を併用するとさらに効果が上がります。飲み薬を飲み続けることに抵抗がある場合はミノキシジルの塗り薬からスタートし、あとからフィナステリドやデュタステリドを追加するので問題ありません。発症から時間が経っていないほど、脱毛の範囲が小さいほど治療効果が高いので、早めに治療を始めましょう。

ミノキシジルの内服なども処方しているところもありますが、全身の多毛症以外に重大な心血管障害が生じる可能性があり、日本はもちろんのこと米国食品医薬品局(FDA)でもAGAに対してミノキシジル内服は認められていません。

川崎たにぐち皮膚科ロゴ

診療時間
11:00~14:30
16:00~19:30

…土曜日は9:30~12:30、14:00~17:00

休診日

  • 木曜
  • 日曜
  • 祝日

※初診の方の受付は診察終了10分前まで
※土曜日午前の受付時間は初診再診ともに診察終了30分前まで

お気軽にお問い合わせください

川崎たにぐち皮膚科電話番号 044-223-7336

〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル3階 →GoogleMap

電車

JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」西口より徒歩約3分

PAGETOP
Copyright © 2019 川崎たにぐち皮膚科 All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る