JR「川崎駅」西口より徒歩約3分。川崎市幸区の皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、皮膚外科・形成外科、美容皮膚科なら【川崎たにぐち皮膚科】へ。保険診療主体で一般皮膚科から手術(ほくろやいぼ、粉瘤)、レーザー(あざやシミ)、紫外線治療(アトピー性皮膚炎、白斑、乾癬)、アレルギー検査(じんましん、花粉症)まで幅広い皮膚のお悩みに対応します。

脂漏性皮膚炎

疲れると出てきます。治療と予防が大切です

脂漏性皮膚炎とは

皮膚では毛穴の中にある脂腺から皮脂が分泌されていますが、皮脂の分泌が多くなった状態を脂漏といいます。皮脂が紫外線で酸化したり、常在菌のカビ(マラセチア)によって刺激の強い脂肪酸に分解されることで皮膚に刺激になって湿疹が引き起こされます。これが脂漏性皮膚炎です。頭や顔などの皮脂分泌の多い場所にできやすいのが特徴です。その他、胸や脇にできることもあります。

脂漏性皮膚炎の治療

乳児はホルモンの影響で一時的に皮脂の分泌が多くなるので脂漏性皮膚炎になることがありますが、大きくなるにつれて皮脂の分泌が減るので自然に治ることが多いです。治療薬としては抗真菌薬の塗り薬とステロイドの塗り薬がメインです。ステロイドは湿疹の炎症を取ってくれる薬で即効性がありますが、抗真菌薬は皮脂を分解するカビを減らすだけではなく、ゆっくりと炎症をとる効果もあります。症状が悪い時はステロイドで早く湿疹を治し、その後抗真菌薬の塗り薬でカビのバランスを整えながら炎症を落ち着かせた状態を維持します。皮脂の分泌や皮膚に共生しているカビが原因で起こるものですので、体質といった側面もあります。ですので、薬だけでなく生活習慣の改善も大切で、抗真菌薬の成分の入った薬用のシャンプーや石鹸で患部を洗ってカビのバランスを整えることや、ストレスや疲れは皮脂の分泌を促しますので、食事、睡眠などに関して規則正しい生活をしてストレスや疲れを避けることも大事です。また、お酒を飲んだ後は脂漏性皮膚炎が出ますので、お酒は控えていただく方が良いです。

川崎たにぐち皮膚科ロゴ

診療時間
11:00~14:30
16:00~19:30

…土曜日は9:30~12:30、14:00~17:00

休診日

  • 木曜
  • 日曜
  • 祝日

※初診の方の受付は診察終了10分前まで
※土曜日午前の受付時間は初診再診ともに診察終了30分前まで

お気軽にお問い合わせください

川崎たにぐち皮膚科電話番号 044-223-7336

〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル3階 →GoogleMap

電車

JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」西口より徒歩約3分

PAGETOP
Copyright © 2019 川崎たにぐち皮膚科 All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る