代表的な色素レーザーであるVビームは、施術によって起こりやすい副作用・ダウンタイムがあります。

ここでは、当院で使用しているVビームⅡの副作用・ダウンタイムなどについて紹介します。

 

VビームⅡとは

VビームⅡは、米国製の色素レーザーです。

厚生労働省が認可した医療機器であり、各種血管病変に対する治療に使われています。

VビームⅡから照射されたレーザー光は、血液中の赤血球に選択的に吸収される特徴があります。

レーザーの光エネルギーが患部で熱に変換されることにより、赤血球で発生した熱が周囲へと伝わって血管が破壊されるのです。

 

VビームⅡの副作用について

VビームⅡは、病名や症状によってレーザー照射のパワーを変化させながら施術を行います。

それぞれについて起こりやすい副作用について紹介します。

 

<単純性血管腫、乳児血管腫など>

皮膚の浅い場所にある細い血管に、問題が起こっているような疾患です。

血管を破壊させる(内出血をつくる)ようなしっかりとしたパワーでレーザー照射をすることが多いため、以下のような副作用が起こりやすくなります。

  • 赤み
  • 内出血
  • 痛み
  • かさぶた
  • 炎症後色素沈着

 

<毛細血管拡張症など>

皮膚のある程度深い場所にあるやや太めの血管に、問題が起こっているような疾患です。

血管を破壊するのではなく凝固して消し去るような照射方法である程度のパワーで周囲に熱を拡散させるようなレーザー照射をするため、以下のような副作用が起こりやすくなります。

単純性血管腫、乳児血管腫にもこのような照射方法をするときもあります。

  • 赤み
  • 腫れ
  • 痛み

※内出血も起こるかもしれませんが、まれです。

 

<赤ら顔など>

皮膚の深い場所にある血管に、問題が起こっているような疾患です。

マイルドなパワーでレーザー照射をするため、以下のような副作用が起こりやすくなります。

  • 赤み
  • 痛み

※腫れも起こるかもしれませんが、まれです。

VビームⅡの施術に関して副作用が気になるときには、お気軽に医師までご相談ください。

 

VビームⅡのダウンタイムについて

VビームⅡの施術によって起こる可能性がある副作用について、それぞれダウンタイムの目安を紹介します。

 

赤み

皮膚に炎症が起こっていると肌に赤みがみられるかもしれません。

ほとんどの場合、施術後から数時間ほどで症状は落ち着きます。

 

腫れ

毛細血管拡張症などの場合、患部が腫れやすくなります。

ほとんどの場合で腫れは1週間ほどで症状は落ち着きます。

 

内出血

単純性血管腫、乳児血管腫などの場合、患部に青あざのような内出血が見られるかもしれません。

血管を壊すような方法で照射する場合は内出血が起きるのを目安に照射の強さの設定をするので必発です。

ほとんどの場合、数週間ほどで症状は落ち着きます。

 

痛み

患部や肌状態などにより、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

患部が炎症をしていると痛みを感じやすくなります。

必要時には保冷剤などをご利用ください。

 

かさぶた

かさぶたができてしまったときには、無理にはがさないようにしましょう。

1~2週間ほどで自然とはがれ落ちます。

 

炎症後色素沈着

体質などにもよりますが、レーザーの影響で黒ずみ(炎症後色素沈着)が起こるかもしれ ません。

数か月~半年で少しずつ症状が落ち着いていきます。

上記以外にも気になる症状があるときには、お気軽にご相談ください。

 

VビームⅡ治療のQ&A

ここでは、VビームⅡに関するよくある疑問点について、代表的なものを紹介します。

 

Q. ダウンタイム期間が過ぎても症状が残っているときにはどうすればいいですか?

A. 肌状態は個人差があるため、記載したダウンタイム期間はあくまで目安です。

そのため、ダウンタイム期間が過ぎてから症状が落ち着く方もいます。

ダウンタイムを過ぎても症状が悪化していると感じるときには、お気軽にご相談ください。

 

Q. Vビームの施術後に傷が残ることはありますか?

A. 通常の場合、施術後に傷が残ることはほとんどありません。

しかし、まれに赤い傷跡(瘢痕)が残る可能性もあります。

施術後は紫外線から肌を保護して、強い刺激を避けるようにしましょう。

 

Q. Vビームの痛みはどのぐらいですか?

A. 痛みの感じ方には個人差が大きく、施術部位や肌状態にもよりますが、輪ゴムでバチンと弾かれた程度の痛みです。

脂肪が薄いところでは骨に響く感じの傷みもあります。

VビームⅡに備わっている冷却装置によって、患部を冷やしながらレーザーを照射するため、麻酔なしでも施術を受けられるかもしれません。

ただし、症状や患部によっては強い痛みを感じやすくなります。

ご希望時には麻酔薬を利用できるため、ご相談ください。

 

まとめ

VビームⅡは、さまざまな血管病変に使われる医療機器です。

病名や症状によって、レーザーを照射するパワーなどを細かく調整して使うため、色々な副作用が起こるかもしれません。

それぞれのダウンタイムについて、目安時間を紹介しましたが、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。

「ダウンタイムを過ぎても症状が悪化している」、「紹介している以外に気になる症状が出てきた」、「Q&Aに書かれていないことが知りたい」など、施術後に関して気になる症状・疑問点などがあるときには、いつでも当院までご相談ください。

(川崎たにぐち皮膚科院長 :谷口 隆志 監修)

 

川崎の皮膚科なら「川崎たにぐち皮膚科」

保険診療主体で一般皮膚科から手術、レーザー、紫外線治療、アレルギー検査まで幅広い皮膚のお悩みに対応します。

お気軽にご相談いただければと思います。

当院の受診方法はこちらをご確認ください。