「鼻の赤み」、「頬の赤み」、「ニキビ跡の赤み」など、気になる肌の赤みがあるけれど治療ができないと思って諦めてはいませんか。

実はこのような肌の赤みは、VビームⅡという医療機器によって治療が行えるのです。

ここでは、当院で行っているVビームⅡを使用して行える施術について注意点も含めてご紹介します。

 

VビームⅡとは

VビームⅡは、米国シネロン・キャンデラ社製のダイレーザー(色素レーザー)で、厚生労働省により承認された医療機器です。

VビームⅡから照射されたレーザーは、血液中のヘモグロビンに吸収されやすい特徴があります。

吸収されたレーザーは、すぐに高熱となりヘモグロビンを主成分にもつ赤血球の周囲に熱を放出します。

その結果、赤みのある皮膚の原因となっている余分な血管を破壊することにより、肌の赤みを軽減します。

また、冷却システムも搭載しているため、肌に過度な負担をかけずに安全な施術が行えます。

 

VビームⅡで行える施術とは

VビームⅡでは、病名や施術内容によって保険適用となるかが異なります。

保険適用となる施術と保険適用外となる施術について、それぞれで代表的なものをご紹介します。

 

<保険適用>

 

単純性血管腫

生まれたときからある「赤あざ」です。

基本的に自然と赤みが消えることはありません。

大人になると盛り上がった形になったり、跡が残ったりすることもあります。

 

乳児血管腫(いちご状血管腫)

生後すぐにできる「赤あざ」の一種です。

時間が経過すると赤い斑点ができ、いちごのような形に盛り上がるため「いちご状血管腫」とも呼ばれます。

盛り上がりが大きくなると、赤みが消えても皮膚にたるみやシワが残るかもしれません。

なるべく早期に治療をする方がよいでしょう。

 

毛細血管拡張症

肌の表面にある細い血管が広がることで、皮膚の下にある血管が透けて見える状態です。

遺伝、加齢、薬の影響などによって起こると言われています。

放置していても自然に赤みが消えることはありません。

 

<保険適用外>

以下のような症状の場合、炎症が原因で起こっている赤みのため、基本的にVビームⅡの施術は保険適用外です。

  • 赤ら顔(毛細血管が拡張していないもの)
  • 鼻の赤み(毛細血管が拡張していないもの)
  • ニキビ跡の赤み
  • お肌のフェイシャル(美容目的)

など

これらの症状に関してはVビームⅡを使った施術以外にも、赤みの原因である炎症を抑える飲み薬や塗り薬による治療も有効です。

また「鼻の赤み」、「頬の赤み」などの症状があり、医師の診察にて毛細血管の拡張が確認できた場合には保険適用の施術も行えます。

ご自身の症状が保険適用の対象となるのか気になるときには、いつでもお気軽にご相談ください。

 

VビームⅡの施術に関する注意点について

VビームⅡの施術に関する注意点として、「施術が受けられない場合」と「ダウンタイム中に起こりやすい症状」をそれぞれご紹介します。

 

<施術が受けられない場合>

体調や施術部位の症状によっては、施術が受けられないこともあります。

  • 妊娠中の方、妊娠している可能性がある方
  • 度な日焼けがある方、施術後に日焼けする可能性がある方
  • 過度な敏感肌や過度な肌荒れなど湿疹や炎症がある方

上記の方は、VビームⅡの施術を受けられない場合があります。

施術予定部位の肌状態が不安な方は、お気軽に当院までご相談ください。

 

<ダウンタイム中に起こりやすい症状>

VビームⅡの施術後、ダウンタイム中に起こりやすい症状として代表的なものを一部ご紹介します。

 

赤み

レーザーを照射した影響で、皮膚の表面に軽い炎症が起こっている状態です。

施術当日によくみられますが、数時間で落ち着くことがほとんどです。

 

むくみ、腫れ

「鼻への照射」、「赤ら顔(毛細血管が拡張していないもの)」、「お肌のフェイシャル(美容目的)」では、施術後のむくみや腫れはほとんどみられません。

ただし、「毛細血管拡張症」や「ニキビ跡の赤み」に対する施術では、高出力でレーザーを照射するため、1週間程度むくみや腫れが起こりやすくなります。

 

内出血

レーザー照射の影響により、打撲をしたときのような内出血となることがあります。

「毛細血管拡張症」や「ニキビ跡の赤み」に対する施術など高出力でレーザー照射をした場合以外にも、個人差により内出血が起こることもあります。

内出血はほとんどの場合、数週間程度で落ち着きます。

 

当院では、お一人おひとりの肌状態や施術部位・施術目的などによって、レーザー照射のパワーを調整しています。

また、VビームⅡではレーザーを細かく照射できる機能が備わっているため、施術後のダウンタイムが起こりにくくなっています。

ただし、VビームⅡの施術に対する反応には個人差があるため、ダウンタイム中に上記のような症状が起こるかもしれません。

(※施術後に気になる症状が続いているときには、お気軽にご相談ください)

 

まとめ

VビームⅡは、赤みの原因となっている余分な血管をレーザー照射によって破壊することにより肌の赤みを軽減するという医療機器です。

「鼻や頬の赤み」、「ニキビ跡の赤み」など、肌に気になる赤みがある方に有用な施術です。

肌の赤みについての治療法を探しているときには、諦めずに当院までお気軽にご相談ください。

 

(川崎たにぐち皮膚科院長 :谷口 隆志 監修)