粉瘤は、アテロームとも呼ばれる良性腫瘍の一種です。顔・首・背中などにできやすい傾向があり、ニキビ大位ほどの大きさからコブほどの大きさまで、全身のどこにでも発生する可能性もあるできものです。

粉瘤を強く押すと、中心部にある黒い点様の箇所からドロドロとしたものが出てきます。

この黒い点は、どこにできた粉瘤でも確認できるのでしょうか。実は、黒い点は必ずしもすべての粉瘤で確認できる特徴というわけではないのです。

今回は、粉瘤でよく見かける黒い点に着目してご紹介したいと思います。

粉瘤の構造と黒い点ができる理由

粉瘤とは皮膚にできた袋状のできものの総称です。皮膚にできた袋状のできものは全て”粉瘤”と呼びます。

粉瘤にはいくつかの種類があり、代表的なものが「表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)」です。一般的には粉瘤=表皮嚢腫と理解されています。

表皮嚢腫は、毛穴の構造上部にある毛包漏斗部(もうほうろうとぶ)と呼ばれる皮膚の一部がめくりかえることで、皮膚の下に袋状の構造物ができています。

表皮嚢腫は、嚢腫の中心部分に穴を確認できることがあります。この穴は、もともとの皮膚に存在する毛穴の開口部です。

この穴を入り口に皮膚の下に袋状のでき物ができています。新陳代謝により剥がれ落ちるはずだった垢や皮脂などが、内部の袋状の箇所にたまってしまうため、患部を強く押すとドロッとした膿状のものが穴から出てきます。 粉瘤は手のひらや足の裏にもできることがあり、これを「外傷性表皮嚢腫」と呼びます。

外傷性表皮嚢腫の場合、なんらかの刺激によって皮膚が傷つくことをきっかけに、表皮が皮膚の下にもぐりこんで袋ができるといわれています。

このように、粉瘤の袋が作られるときには主に表皮細胞の一部が使用されます。その後、毛穴の開口部付近にある皮脂が空気の酸化を受けることで、粉瘤に特徴的な黒い点が作られるのです。

粉瘤に黒い点が見えないとき

粉瘤の特徴としてわかりやすいのが、粉瘤の開口部の毛穴にみえる黒い点ですが、すべての粉瘤に黒い点が見えるというわけではありません。

黒い点は開いている毛穴自体が黒い点に見えたり、開口部に詰まった皮脂が酸化して黒く見えたりします。

症状やできた場所などによっては、黒い点が見つからないこともあります。

たとえば、毛根や汗腺などがある部分の表皮細胞によって袋状の構造物が作られたときには、開口部ができない場合もあります。

また、毛穴はあるけど色は黒くないという場合もあります。

開口部があったとしても、開口部の近くにある皮脂が、空気による酸化の影響をそれほど受けていないときには、黒い点が見えないことも考えられます。

粉瘤治療で病院を受診した方がよいタイミング

粉瘤治療において病院を受診した方がよいタイミングについてご紹介します。

気になる患部を発見したとき

粉瘤は、全身のどこでも起こる可能性がある皮膚疾患です。体のにできものを見つけたときには、粉瘤であるかを考える前に、まずは皮膚科を受診してみましょう。

薬が効かなかったとき

粉瘤だと分からずに別の皮膚疾患だと思い込んでしまったときには、市販薬を使っても効果を実感できないことがあります。

副作用のリスクや、薬による刺激で粉瘤の症状が悪化してしまうことも考えられます。数日間使っても効果がなかったときには、すぐに病院を受診するようにしましょう。

再発を繰り返しているとき

以前と同じ場所に、似たような形のできものが繰り返し起こっているときには粉瘤が再発しているのかもしれません。

根本的な治療をしたいときには、手術によって皮膚の下にできた袋を取り除く必要があります。

中にたまった膿を自力で取り除いたとしても、袋の中に垢や皮脂がたまると、再度同じような症状が起こってしまう可能性があります。

腫れや痛みがあるとき

患部に腫れや痛みがあるときには、症状が悪化しているかもしれません。膿がたまっているときには、メスを使って膿を排出する必要があります。外科的な処置ができる皮膚科を受診してみましょう。

見た目が変わってきたとき

粉瘤を、単なるできものだと考えてそのまま放置してしまうと、粉瘤に垢や皮脂がどんどんたまってしまい、気がついたときには大きくなっていることがあります。

化膿して腫れ上がると強い痛みが出てきたり、触れてしまうことで更なる感染を引き起こしたり、場合によっては皮膚がんを発症する可能性もあります。

粉瘤治療では、感染の予防のために袋を手術で取り除くのが基本的な手法です。化膿が酷い場合には中に溜まってしまった膿をだすために応急処置として皮膚切開となる場合もあります。

炎症を起こしたことのないある程度のサイズの粉瘤であれば腫瘤の除去にはへそ抜き法(くり抜き法)という傷を小さくくり抜いて除去する手法があります。

気になるできものを見つけたときには、黒い点があるかどうかに関わらず皮膚科を受診する方がよいでしょう。

まとめ

粉瘤は全身どの場所にも生じる可能性がある皮膚疾患です。

特徴として黒い点が目立つこともありますが、黒くない点があるときや、点そのものがないときなど人によって症状はさまざまです。

とくに粉瘤は手術で袋を取り除かなければ再発しやすい疾患です。自己判断で対応せずに、手術ができる皮膚科を受診しましょう。

(川崎たにぐち皮膚科院長 :谷口 隆志 監修)