酒さは、中高年の顔にできやすい慢性の皮膚疾患です。

酒さでは、顔の中央付近である鼻や頬に症状がよくあらわれます。

赤みや小さな吹き出物ができ、皮膚の下にある血管が見えることもあります。

一般的には赤ら顔とも言われることがある酒さについて、今回は原因と治療法をご紹介します。

 

酒さの原因とは

酒さが起こる明確な原因は分かっていません。

外部から肌になんらかの刺激(アルコール、日光、刺激物、ニキビ、ダニなど)を受けることにより、発赤や炎症、細い血管が見えるなど酒さに特有の皮膚症状が出現すると考えられています。

また、その他一部の薬剤や過度なストレスなどによって酒さの症状が悪化することもあります。

さらにステロイドを長期間外用した場合、酒さに似た「酒さ様皮膚炎」が起こるかもしれません。

 

酒さの種類と症状

酒さ症状のあらわれかたは、一人ひとりで異なります。

下記に代表的な4つのタイプについてご紹介します。

 

タイプ1.紅斑毛細血管拡張型

鼻の先、頬、眉間やアゴの下に一時的な肌の赤みがみられ、次第に症状が慢性的になるのが特徴です。

ほてり、ピリピリ、チクチクするような不快な症状や、肌荒れが目立つこともあります。

肌の下にある血管が透ける症状も見られます。

なんらかの外部刺激によって、症状が悪化してしまうタイプです。

 

タイプ2.丘疹膿疱型

肌の赤みに加えて、盛り上がったブツブツ(丘疹)や膿がたまった水ぶくれ(膿疱)ができます。

これらの症状は顔全体に広がります。

 

タイプ3.瘤腫型

丘疹が集まって固まりになっているのが特徴です。

皮膚が厚くなり、腫れぼったく見えます。

とくに、鼻がミカンの皮に似た見た目になる「鼻瘤」が現れるタイプです。

 

タイプ4.眼型

結膜炎、角膜炎、涙目、充血、腫れぼったさなど、目の周囲に症状が出るタイプです。

角膜の合併症で視力低下の可能性もあるため、眼科受診も必要になります。

酒さの症状には個人差があり、1つのタイプだけではなく複数のタイプが当てはまる場合もあります。

また、それまで出ていたタイプとは異なり、新たなタイプへと変化することもあります。

 

酒さの治療法

酒さでは、一人ひとりの症状に合わせて、いろいろな治療が行われます。

 

症状が出る刺激を避ける

外部からの刺激を受けて症状が起こるときには、その刺激をまず避けることが大切です。

日光を避けるときには日焼け止めなどの紫外線対策グッズを併用するのもよいでしょう。

アルコールや刺激物を避けるなど食生活にも注意が必要です。

生活環境を全体的に見なおして、症状を引き起こすものにはあまり触れないようにしましょう。

 

内服薬

酒さのブツブツに対してドキシサイクリン、ミノサイクリンなど抗炎症作用を持つ抗生物質を長期間服用します。

 

外用薬

酒さに使う外用薬については、酒さのブツブツにたいしてメトロニダゾール、アゼライン酸、イベルメクチンなどを使って治療します。

(※日本では保険適応外のため自費診療となります) 世界的に有効な治療として使われている薬が残念ながら日本の保険制度ではカバーされていない薬のため、自費診療での提供となっています。

また、ステロイドの長期外用で「酒さ様皮膚炎」が起こっているときには、医師の診察結果によっては中止指示を出すこともあります。

 

レーザー

酒さの赤みの症状が強く出ている場合は、薬だけで改善するのが難しくなります。

毛細血管が拡張しているときや、赤ら顔が強いときには、レーザー治療で赤みを軽減します。

酒さでは、症状にあわせてこれらの方法を組み合わせて治療します。

とくに酒さは症状の出現に個人差が大きい疾患です。

必ず医師の診察を受けてから、治療を開始するようにしましょう。

 

酒さの治療で使うVビームⅡとは

酒さに使うレーザー治療として、当院で使用している「VビームⅡ」についての特徴をご紹介します。

ちなみにVビームIIは初代Vビームから改良された機種です。

 

<VビームⅡの特徴>

原因となっている血管を集中的に破壊する

VビームⅡでは、主に595nmという波長で患部にレーザーを照射します。

レーザーを照射された患部では、血管の成分である赤血球中のヘモグロビンが反応します。

レーザーのエネルギーをヘモグロビンが吸収するため、患部で高熱が発生して血管が破壊されます。

酒さでは本来の血管以外に、増えすぎた異常な血管が存在しています。

VビームⅡは、この異常な血管をターゲットにしています。

そのため、本来の血管を破壊することはありません。

 

保険適応で一部症状を治療できる

VビームⅡは、厚生労働省で認可を受けた医療機器です。

「赤あざ」や「毛細血管拡張症」といった一部の症状に対しては、保険適応内での治療が可能です。

酒さの場合、「タイプ1.紅斑毛細血管拡張型」のような症状が出ているときには保険適応となります。

(※これ以外の症状に対しては、自費での治療になります)

 

まとめ

赤ら顔とも呼ばれる酒さは、明確な原因が不明の皮膚疾患です。

症状の出現には4つのタイプがあり、それぞれの症状は一つだけではなく、複数同時に起こることもあります。

そのため、一人ひとりで異なる症状に合わせた治療が大切です。

当院の酒さ治療では、内服薬・外用薬に加えて、VビームⅡという医療機器を使っています。

症状によっては、保険適応内での治療も可能です。 (※ただし、妊娠中・授乳中の方などVビームⅡの治療が行えない方もいます)

酒さ・赤ら顔でお悩みの方は、まずはお気軽に当院までご相談ください。

現在の症状やお悩みなどを医師が確認した後に、ご希望に合わせた治療方法をご提案いたします。

(川崎たにぐち皮膚科院長 :谷口 隆志 監修)