頬にできるニキビ(頬ニキビ)は、乾燥肌やホルモンバランスなどが影響して症状が起こります。

とくに繰り返し頬ニキビができてしまうときには、頬ニキビが予防できるような生活習慣を整えることが大切です。

ここからは、頬ニキビの原因・予防・治療方法を紹介します。

 

頬ニキビの原因

頬ニキビがつくられる代表的な原因について、それぞれ確認していきましょう。

 

乾燥肌

顔の中でも、もともと皮脂の分泌量が少ない頬は、肌の水分が蒸発しやすく、乾燥肌になりやすい部位といえます。

乾燥肌が進行すると、肌のバリア機能が低下しやすくなり、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

ホルモンの影響

各種ホルモンには、皮脂の分泌を増やすものや、肌状態を整えるものなどいろいろなものがあります。

過度なストレス、睡眠不足や疲労、生理などの影響で、ホルモンバランスが乱れやすくなると、皮脂の分泌量が過剰になり肌状態の乱れにつながります。

そうなると、毛穴が詰まりやすくなるなど、ニキビができやすい肌状態になるのです。

 

メイク汚れ

女性の場合は、ファンデーションやチークを使う機会の多い頬にニキビが見られるかもしれません。

日常的に使用しているパフやブラシといったメイク道具には、皮脂や雑菌が付着しています。

ニキビの原因であるアクネ菌は、皮脂があると増殖しやすくなり、雑菌はニキビの症状を悪化させることもあります。

メイクをするときには、道具類を定期的に洗浄して清潔に保つように心がけましょう。

 

頬ニキビの予防方法

繰り返す頬ニキビがあるときには、まずは生活習慣を見なおしてみるとよいでしょう。

 

丁寧な洗顔

洗顔料はよく泡立ててから使いましょう。

たっぷりの泡を使って、肌をすべらせるようにして洗うとよいでしょう。

力を入れてこすり洗いをしてしまうと、肌を傷つけやすくなります。

冷たい水も刺激となりやすいため、ぬるま湯で洗顔するとよいでしょう。

 

保湿ケア

洗顔後や入浴後には、必ず保湿ケアをしましょう。

化粧水後には、乳液を忘れずに使いましょう。

化粧水で補った水分を肌に閉じ込めやすくなります。

乾燥肌がひどいときには、定期的に保湿パックなどを利用するのもよいでしょう。

 

ホルモンバランスを整える

過度なストレスや睡眠不足の場合には、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

ホルモンバランスの乱れは、肌の状態以外にもさまざまな体調不良のリスクがあります。

ストレスを発散し、十分な睡眠時間を確保するなど規則正しい生活習慣にするように心がけましょう。

 

メイクをみなおす

ニキビがある場所のメイクは、なるべく控えましょう。

もしメイクをしなければならないときには、リキッドファンデーションの厚塗りは避け、パウダーファンデーションを薄く塗る程度にしましょう。

 

頬ニキビの治療方法

ここでは、当院で行っている頬ニキビの治療方法について紹介します。

 

<外用薬>

アダパレン、過酸化ベンゾイル、各種抗菌薬などの外用薬を処方します。

患部に直接塗布することで、角質の詰まりやニキビ菌に対して効果を示します。

 

<内服薬>

炎症による赤みがある場合や、ニキビの数が多いときなどには抗菌薬(ロキシスロマイシン、ビブラマイシン、ミノマイシンなど)を処方することもあります。

 

<施術>

当院では、外用薬や内服薬以外にも、各施術によって頬ニキビに対応しています。

 

「サリチル酸ピーリング」

 

施術内容

サリチル酸という薬剤を使って毛穴に詰まった皮脂や角質を取り除き、ニキビができにくい肌状態を目指します。

 

注意事項・副作用
  • 赤み、ヒリつき、カサツキが出るかもしれません。

 

料金
全顔 1回 7,700円(税込)
ピーリング+APPSイオン導入のセット 10,780円(税込)
ピーリング+APPS&グリシルグリシンイオン導入のセット 11,880円(税込)
ピーリング+APPS&トラネキサム酸イオン導入のセット 11,880円(税込)
背中 1回13,200円(税込)
ピーリング+APPSイオン導入のセット16,280円(税込)

 

「Vビーム」

 

施術内容

血管の赤みを治療する色素レーザーです。

赤血球に反応するレーザーを照射して、ニキビ・ニキビ跡の赤みの原因となっている血管を破壊します。

「単純性血管腫」、「乳児血管腫」、「毛細血管拡張症」という疾患については保険適用です。

 

注意事項・副作用
  • 赤み、むくみ、腫れ、内出血、色素沈着などが起こるかもしれません。

 

料金

保険診療 :約6,500円~32,000円 (照射面積によって、費用は異なります)

自費診療 :両頬の赤み(赤ら顔、ニキビの赤み) 21,780円(税込)

 

「ダーマペン」

 

施術内容

成長因子の入った薬液を顔に塗りながら細い針を刺し、有効成分を皮膚に浸透させます。

複数の薬液から肌状態に合わせたものを選択できます。

炎症性ニキビが気になるときには、ウーバーピールがオススメです。

 

注意事項・副作用
  • 針を刺した部分に数ミリの小さい内出血ができるかもしれません。
  • 施術後の数日間は、肌に赤みがあらわれる、皮がむけるなどの症状が見られます。

 

料金

顔全体(成長因子入りマスクパック付き) 使用薬液 ウーバーピール  21,780円(税込)

 

「ポテンツァ」

 

施術内容

極細の針を皮膚に刺し、針先からラジオ波を照射する施術です。

皮脂腺を焼却して過剰な皮脂の分泌を抑えます。

抗炎症作用によりニキビの赤みにアプローチします。

 

注意事項・副作用
  • 施術後1週間はピーリング製品、スクラブ入りの洗顔料などの使用はお控えください。
  • 施術後は一時的にニキビができるかもしれません。
  • 日常的な紫外線対策をオススメします。

 

料金

 

赤ら顔・毛穴の開き治療
全顔1回: 66,000円(税込)
両頬+鼻 or 両頬+こめかみ1回:44,000円(税込)

 

ニキビ跡治療・スキンリジュビネーション治療

※使用薬液:サイトプロMD

全顔 1回: 110,000円(税込)
両頬+鼻 or 両頬+こめかみ1回:88,000円(税込)

 

(川崎たにぐち皮膚科院長 :谷口 隆志 監修)

 

川崎の皮膚科なら「川崎たにぐち皮膚科」

繰り返す「頬ニキビ」は、外用薬・内服薬と各施術の併用がオススメです。

「頬ニキビ」の症状がある方は、お気軽に川崎たにぐち皮膚科までご相談ください。

お一人おひとりの症状に合わせた治療方法をご提案いたします。

 

はじめての方は、まずはWeb受付から診察予約をお願いいたします。

当院の受診方法はこちらをご確認ください。