ケミカルピーリングに使われるレチノールの効果は、どのようなものなのでしょうか。

ここからは、小じわ・しみ・くすみ・肝斑などの肌トラブルに関するレチノールの働きについて解説します。

当院で治療が受けられる「トラネックスレチピール」と、当院で販売している「レチノール含有のドクターズコスメ」についても紹介します。

レチノールが気になっている方はぜひ参考にしてください。

 

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは、肌に薬剤を塗布することで表皮や真皮を剥がし、皮膚の再生を促す施術です。

医療機関では、ニキビ、乾燥肌、シミ・そばかす、小じわや色素沈着などの皮膚疾患の治療・改善目的で行われています。

お一人おひとり異なる肌状態を医師が診察して、ケミカルピーリングの施術が可能であるかを判断することが大切です。

 

肌トラブルに関するレチノールの働きとは?

紫外線を浴びた肌はビタミンAが破壊されてしまうため、ビタミンAが不足しています。

ビタミンAが不足すると、小じわ、しみ、くすみ、たるみ、乾燥、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

肌のターンオーバーも乱れやすくなるため、メラニンが蓄積して肝斑などの症状も起こりやすくなるかもしれません。

ビタミンA誘導体であるレチノールは、体内で代謝を受けてレチノイン酸という形に変化して働きます。

レチノイン酸には、「角質を剥がすピーリング作用」、「皮脂の分泌を抑える」、「コラーゲンやヒアルロン酸の生成を増やす」、「ターンオーバーを促進する」などの働きがあります。

 

当院で行っているトラネックスレチピールとは

当院では、トラネックスレチピールというピーリングを行なっています。

トラネックスレチピールには以下の有効成分が含まれています。

 

<主な有効成分と働きについて>

 

レチノール、プロピオン酸レチノール

「肌表面の角質を剥離させる」、「皮膚のターンオーバーを促進する」、「ヒアルロン酸の産生促進」、「コラーゲンの産生促進」、「メラニン色素の産生抑制」などが期待できます。

 

トラネキサム酸

「抗炎症作用」や「メラニンの産生抑制」などが期待できます。

 

ビタミンC

「抗酸化作用」や「メラニンの産生抑制」などが期待できます。

 

トラネックスレチピールの注意点

次のような状態がある方はトラネックスレチピールの施術が受けられませんのでご注意ください。

 

<施術を受けられない方>

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 施術部位に皮膚疾患や感染症などがある方
  • ピーリングの施術を2週間以内に行なっている方

など

上記以外にも、現在の肌状態によっては治療が受けられないこともあります。

気になる肌状態や現在治療中の疾患・服用中の薬などがあるときには、医師まで直接ご相談ください。

 

<施術後の注意点>

 

ダウンタイムについて

施術後は一時的に肌の乾燥、赤み、かゆみが生じるかもしれません。

通常これらの症状については、数日間~1週間程度でおさまります。

もし症状が強いときや1週間以上経過しても症状がおさまらないときにはご相談ください。

 

レチノール含有のドクターズコスメについて

トラネックスレチピールのダウンタイムが気になるときは、日々のお手入れとしてドクターズコスメを利用してみてはいかがでしょうか。

当院では、レチノールが含有されている下記の医療機関専売コスメを取り扱っています。

 

ナノメッドVAエッセンス

ピュアレチノールを0.1%配合した美容液です。

有効成分をナノカプセル内に閉じ込めて安定化させているため、紫外線によって分解されやすいレチノールも高濃度で配合可能となりました。

炎症を抑えて肌荒れを防ぐ働きがあるグリチルリチン酸、抗酸化作用があるビタミンCも配合されています。

肌弾力の低下、肌くすみなどの気になる肌状態を整えます。

 

ゼオスキンデイリーPD

レチノール、パルミチン酸レチノールが配合された美容液です。

抗酸化作用のあるビタミンEも配合されています。

肌のキメ、肌のハリ、艶感が気になる方をサポートします。

なおこれらの販売に関しては、医師などの医療従事者が肌状態を確認したうえで行っています。

ご使用に関して疑問点・不安点があるときには、いつでもご相談ください。

また個人差はありますが、使用後に一時的に肌の乾燥、赤み、かゆみなどが生じるかもしれません。

使用後に気になる症状が出たときには、お気軽にご相談ください。

 

まとめ

ビタミンAが不足すると、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなるかもしれません。

ビタミンA誘導体のレチノールは、体内で代謝を受けてレチノイン酸に変化します。

レチノイン酸は「角質を剥がすピーリング作用」、「皮脂の分泌を抑える」、「コラーゲンやヒアルロン酸の生成を増やす」、「ターンオーバーを促進する」などの働きを示すのです。

当院では、トラネックスレチピールというピーリングを行なっています。

ダウンタイムは約1週間ありますが、ダウンタイムが気になる方はドクターズコスメの利用もオススメです。

小じわ・しみ・くすみ・肝斑などの気になる肌トラブルがある方、レチノールを使ったピーリングやドクターズコスメに興味がある方は、いつでも当院までご連絡ください。

(川崎たにぐち皮膚科院長 :谷口 隆志 監修)