JR「川崎駅」西口より徒歩約3分。川崎市幸区の皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、皮膚外科・形成外科、美容皮膚科なら【川崎たにぐち皮膚科】へ。保険診療主体で一般皮膚科から手術(ほくろやいぼ、粉瘤)、レーザー(あざやシミ)、紫外線治療(アトピー性皮膚炎、白斑、乾癬)、アレルギー検査(じんましん、花粉症)まで幅広い皮膚のお悩みに対応します。

冷凍凝固療法(液体窒素)

冷凍凝固療法(液体窒素)とは

冷凍凝固療法(液体窒素)

冷凍凝固は皮膚のできものに-196度の液体窒素を当てて凍傷をおこしてできものを壊して取り除く治療です。
冷凍凝固治療後は時間とともにできものが壊れ、かさぶたになって剥がれ落ちます。

ウイルス性イボの治療としてよく行われますが、ほかにも首イボ(アクロコルドン、スキンタグ)や老人性イボ(脂漏性角化症)などに使われます。
週に1回は保険適応で行うことができます。ウイルス性イボの治療では複数回の治療が必要になりますが、ダメージを受けたウイルスが回復してしまう前に、1週間〜2週間おきに治療を行います。
首イボや老人性イボは冷凍凝固治療後に日焼けのような茶色味(色素沈着)がでることがしばしばありますので、施術後に色素沈着となるのが気になる場合は自費診療のラジオ波メスでの治療をお勧めします。ラジオ波メスでは周囲の組織へのダメージを抑えながら切除できますので、治療後の茶色味を抑えながら治療することができます。

当院ではスプレータイプの液体窒素をメインで行います。場所と大きさに寄っては綿棒やピンセットによる冷凍凝固を選択し、それぞれの患者さんに適した治療を行います。3回ほど冷凍と解凍を繰り返してできものにダメージを与えます。液体窒素を強く当てると治りは早いのですが、その分痛みも感じやすくなりますので、反応をみながら治療します。
冷凍凝固治療後は凍傷・やけどのような反応がおきますので痛みがあったり、血豆や水ぶくれになることがありますが、自然に吸収されてかさぶたのようになり剥がれ落ちます。
ウイルス性イボはしつこく居座ることがありますので、根気よく治療を続けていくことが必要です。

冷凍凝固後の注意点

イボを液体窒素で治療後したあとに、大きな水ぶくれ、血豆、痛みがおきることがあります。水ぶくれや血豆ができるということは、皮膚がしっかりダメージを受けて反応を起こしているということですので十分に治療できていると言えます。
これは液体窒素でイボを含めた皮膚にダメージを与えたことによる症状で、とても不都合ですが心配する必要はありません。 
水ぶくれや血豆をほじったりむしったりなどすると中にあるウイルスが撒き散らかされて、いぼが他の場所に広がってしまう場合がありますので、触らないようにしましょう。
自然に破れてしまったら、ガーゼで保護をして、しばらくすると水ぶくれは乾き、血豆は黒いかさぶたになって剥がれ落ちていきます。
液体窒素後の痛みは、凍傷によって炎症が起きることでおこる痛みですが、通常2、3日前後で徐々に治まることがほとんどです。

川崎たにぐち皮膚科ロゴ

診療時間
11:00~14:30
16:00~19:30

…土曜日は9:30~12:30、14:00~17:00

休診日

  • 木曜
  • 日曜
  • 祝日

※初診の方の受付は診察終了10分前まで
※土曜日午前の受付時間は初診再診ともに診察終了30分前まで

お気軽にお問い合わせください

川崎たにぐち皮膚科電話番号 044-223-7336

〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル3階 →GoogleMap

電車

JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」西口より徒歩約3分

PAGETOP
Copyright © 2019 川崎たにぐち皮膚科 All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る