JR「川崎駅」西口より徒歩約3分。川崎市幸区の皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、皮膚外科・形成外科、美容皮膚科なら【川崎たにぐち皮膚科】へ。保険診療主体で一般皮膚科から手術(ほくろやいぼ、粉瘤)、レーザー(あざやシミ)、紫外線治療(アトピー性皮膚炎、白斑、乾癬)、アレルギー検査(じんましん、花粉症)まで幅広い皮膚のお悩みに対応します。

首イボ

首回りのイボはとることができます

首や脇、まぶたに小さくポツポツとできる、体の中からできるタイプの柔らかいイボです。人にうつったりはしないので見た目以外には問題はありませんが、見た目に目立つので夏に首を出すのが嫌だから取りたいとご希望されることが多いです。ラジオ波メスや医療用ハサミで浅く削ってとるときれいに仕上がります。液体窒素での治療も行えますが、液体窒素はその後に色素沈着が目立ちやすいですのであまりおすすめしておりません。

首イボとは

首にできる1〜2mm程度の小型の肌色や茶色の柔らかいポツポツとしたイボで、30代を過ぎる頃から出始めて年齢とともに増えていきます。首以外にも、まぶた、わきといった体のやわらかいところにできます。体質的にできやすい方、できにくい方がいます。
1つ、2つある程度の方もいれば首に数十個と多発している人もいます。人にうつりはしないので見た目以外には問題は起きませんが、見た目に目立つのでとりたいというご希望は多いです。

首イボの診断と治療

通常は皮膚の見た目で診断をつけます。小型のウイルス性のイボや老人性イボと区別が難しいことがありますが、拡大鏡(ダーモスコープ)を使って診断をつけます。
症状に合わせてラジオ波メスもしくは医療用のはさみを使って除去するときれいにとれます。とった後は保護する必要があるので、ストールやマフラーなどで首を隠せる時期に施術することをお勧めしています。液体窒素を当てて首イボを凍らせて凍傷を起こして除去する方法もありますが、軽いやけどの反応を起こすために黒みが数ヶ月残ってしまうことが多いため、おすすめはしておりません。

川崎たにぐち皮膚科ロゴ

診療時間
11:00~14:30
16:00~19:30

…土曜日は9:30~12:30、14:00~17:00

休診日

  • 木曜
  • 日曜
  • 祝日

※初診の方の受付は診察終了10分前まで
※土曜日午前の受付時間は初診再診ともに診察終了30分前まで

お気軽にお問い合わせください

川崎たにぐち皮膚科電話番号 044-223-7336

〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル3階 →GoogleMap

電車

JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」西口より徒歩約3分

PAGETOP
Copyright © 2019 川崎たにぐち皮膚科 All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る