川崎の皮膚科なら「川崎たにぐち皮膚科」JR「川崎駅」西口より徒歩約3分。保険診療主体で一般皮膚科から手術(ほくろやいぼ、粉瘤)、レーザー(あざやシミ)、紫外線治療(アトピー性皮膚炎、白斑、乾癬)、アレルギー検査(じんましん、花粉症)まで幅広い皮膚のお悩みに対応します。

女性型脱毛症

効果が認められている塗り薬、飲み薬がありますのでご相談ください

女性型脱毛症(FPHL、female pattern hair loss)とは

女性でも年齢とともに髪の毛が薄くなってきたと悩まれる方は多いです。男性型脱毛症に比べるとお困りの方は少ないですが、40%の女性は50歳までに髪が減ってきたことを実感すると言われています。抜け毛が増えたように感じ、頭頂部を中心に密度が減り、毛が細くなることに加えて、髪の毛の伸びが遅くなります。そのため、分け目が広くなって地肌がみえるようになって困る方もいらっしゃいます。女性型脱毛はいずれの年齢で起こることもありますが、更年期以降に始まることが多いです。徐々に進むというよりは女性ホルモンの減少する時期に半年ほどで急速に進み、その後はゆっくりと進行することが多いです。更年期以降に女性型脱毛が多いことから、女性ホルモンの減少や男性ホルモンが関わっていると考えられています。ただ、男性ホルモンを抑える薬であるフィナステリドが閉経後女性の女性型脱毛症に効果がなかったことから、男性型脱毛症とは起こる原因が違うのではないかと考えられています。全体的に頭部に脱毛が始まる原因として甲状腺機能低下のことがあるので、採血で甲状腺機能は調べて甲状腺機能低下症による脱毛と区別する必要があります。

女性型脱毛の治療

特効薬はありませんが、いくつかの治療を組み合わせることで治療効果を上げることはできます。いずれの治療も自費になります。

ミノキシジル(塗り薬)

男性型脱毛症によく使われる成分ですが、女性型脱毛症にも効果があることがわかっています。休止期から成長期への移行、初期成長期から終期成長期毛(太くしっかりした毛)への移行促進して維持させる作用があります。その他、毛を作る毛乳頭細胞に作用して、毛髪の成長を促進します。毛髪密度の増加とともに毛が太くなることがわかっています。効果を実感するためには最低6ヶ月は治療を続けることが大切です。「リアップ」の商品名で知られています。女性用はリアップリジェンヌという製品でミノキシジルの濃度が1%の製品です。

飲み薬(スピロノラクトン、パントガール)

スピロノラクトンは1日1回の飲み薬で、6ヶ月以上続けることで治療効果が見られることがあります。男性ホルモンを抑えることで抜け毛を減らす効果があると考えられています。男性型脱毛症の治療で使われるフィナステリド(プロペシア)は女性には効果がないことが知られており、女性型脱毛症の治療には使用することができません。ほかにはパントガールというビタミンなどが総合的に配合された飲み薬があり、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症なども含めて)に効果があることが実証されています。

川崎たにぐち皮膚科ロゴ

受付時間
11:00~14:30
16:00~19:00

…土曜日は9:30~12:00、14:00~16:30

休診日

  • 木曜
  • 日曜
  • 祝日

※平日午前の初診の受付は受付終了10分前まで

 
午前 院長
女性医師
院長
非常勤医師
院長
女性医師
院長
女性医師
院長
非常勤医師
午後 院長
女性医師
院長
男性医師
院長
女性医師
院長
女性医師
院長
非常勤医師

※都合により非常勤医師が交代となることがあります

お気軽にお問い合わせください

川崎たにぐち皮膚科電話番号 044-223-7336

当院の診察は予約制ではございません

〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル3階 →GoogleMap

電車

JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」西口より徒歩約3分

PAGETOP
Copyright © 2021 川崎たにぐち皮膚科 All Rights Reserved.
当院はご予約優先制です|Web予約はこちら当院はご予約優先制です|Web予約はこちら ページTOPへ戻る